現場、百回(集客や売らんかなが命では)

刑事ドラマのせりふに「現場、百回」、「靴の底が擦り減るまで聞き込みをしろ」があります。本物の刑事の捜査方法もこうなのかは知りませんが、技術はこうでなくては上達しません。捜査の基本を押さえるということ、新米刑事の頃の原点に戻る意味合いもあるでしょう。
 「○○先輩に叩き込まれた」、どんくさい言葉ですが、私の好きな言葉です。コピー&ペイストの対極にあるものですから。

 
 健康産業界は販路拡大にしのぎを削っています。個人の感想としながらも効能をこれ見よがしに語らせ、満足度は90%台の高さ(実態は不明)、値引きなどのサービス合戦を繰り広げています。多様な食材による健康管理の方が理に適っていると思いますけど。

b0165362_08422219.jpg

健康をつくる手助けは、もっと地道に進めるべきと考えるのは、健康は簡単に回復できるものでもないですし、小さい努力を継続してこそ得られるものだからです。親切を装いながらターゲットを探す様相に見えてしまいます。

 PCの検索で簡単に医学情報を仕入れることができる時代になり、逆に不健康率が上昇しています。
 
 健康に関心を持つことが大切ですが、フェイク(ガセネタ)も含めた情報に振り回されているのは、自分の身体を通しての体験段ではなく情報であり、一種の伝言ゲームのようです。

# by kappanochiro | 2019-09-16 08:51 | カイロプラクティック | Comments(0)  

長の判断に委ねる倫理観(日本人の美意識)

 日本人が根底に持つ人間観は、欧米人とは異なり他者の気持ちや社会的役割に応じて自己を規定する「関係重視型」とされています。「お天道様が見ている」、「ご先祖様に申し訳ない」と言ったことは、細かな約款のような倫理規定ではなく、自己に内面化した倫理観に根差す自律性を生むものです。

 こうしたプロセスから公正な判断基準を定めており、ここには、自分があえて負を取りながらも物事を収めるムラ(組織や社会の全体構造)としての関係性があるようで、日本人の持つ美意識でしょう。

 b0165362_10311285.jpg

 小さな企業が、組織全体で困難に立ち向かう姿、箱根駅伝で襷をつなぐ姿に感動するのは年代を越えた日本人特有の感受性です。
 日本がまだまだ貧しい時代に、必死に働き、日本を豊かにした国民性がここにあると感じます。
 
 日本人に備わった心性や特性、能力が最も良い形で表出するような社会や経済のルールを作るべきで、グローバルスタンダードだけで解決するものでもないでしょう。
 実際、症状軽減の要因は技量に裏打ちされてはいるけれど、人間関係の比重が高いという。


# by kappanochiro | 2019-09-15 10:34 | カイロプラクティック | Comments(0)  

中村八大さんの話

中村さんは5000曲以上も作曲したうち、上を向いて歩こう、遠くに行きたい、今日は赤ちゃん等々のヒット曲数は200曲超ぐらいだそう。良き作詞と、良き歌手に恵まれたおかげだと。
 中村さんは地域活動にも力を注いでいたので、校歌や老人ホームの催しに合わせて作曲したご当地ソングもあり、これらは
500曲かと。3割バッターは一流の証になるけど、私は一割バッターですよと謙虚に話されていた。

では残りの4500曲はどうなったのか?

①ヒットしなかった曲も少なくない

②辛い境遇の時に自分自身を見つめ直す、原点に立ち戻させる曲があり、これは発売しても売れない曲

③作曲家を目指した原点の作風があり、これは商業ベースに乗らない曲もあるが作曲家としての集大成を目指す

④その時々で思いついたメロディーを書いて溜めておき、時が来たらアレンジを加えて世に出す。ところがこの手の曲で世に出るのはごく少なく、ほとんどは世に出ずに終わってしまうもの。だが、自分の人生が終わっても原曲は残っているから、いつか世に出る運命を持つかもしれない。人間の有限の命と違い、作曲しておけば無限の命を持つのが曲であると

 作曲家人生を振り返ってみると売れない曲をたくさん書いたもので、打率からいえば作曲家として失格なのかも知れないが、売れなくても作り続けてきた歩みは合格と思う。打数が多いということは、現役として活躍できた年数が長かったということだから。三振数の多いのも実力の裏返しである。
含蓄に溢れた言葉です。



# by kappanochiro | 2019-09-14 08:21 | 仲間たち | Comments(0)  

リラックスを貯める方法(前回の続き)

横隔膜は強大な筋ですので、この筋を大きく使うことは全身運動になり、また内臓にも好影響を与えることができます。

 横隔膜の最高点は第4肋軟骨の高さにあり、腹腔がそれだけ胸腔には入り込んでいることを示しています。身体に揺さぶりを与え、腰椎→胸椎に動きを伝える調整法は心身の安定に有効なはずです。腰椎部に刺激を加えると息を止めますが、胸椎部では反対に息を吐きます。刺激による気持ち良さは胸椎部の方が勝るのでしょうか。ことに僧帽筋と広背筋の折り重なる部位です。
 b0165362_08465553.jpg

 ストレスの多い社会は交感神経系が優位な状態が持続しますので、深呼吸でリラックス効果を確かめましょう。

 いずれの社会においても、ベテランは自律神経系のバランスが絶妙で、しかも両系どちらも活発に働いているものです。身体は興奮状態にありながら、心理は冷静に保つことができるので身体の動きをコントロールできるのでしょう。


⑤何とかなると思うこと。何とかなることは多いし、そうならないこともありますが、ならなくても自分が選んだ道ですから、それはそれで仕方ないと思えば良いのです。足るを知る。


# by kappanochiro | 2019-09-13 08:47 | 健康観 | Comments(0)  

リラックスを貯める五つの方法

「ストレスを溜めないように」の対の言葉は、「リラックスを貯める」。「ストレスは溜めず、貯めるのはリラックス」、これを意識すること。具体的な方法には、

①頑張り過ぎるタイプは腹八分目を心掛け、あえてやり残すことも効果的 

②右脳を使う時間をつくるのは自然界に身を置くこと。都市と地方(田舎)を使い分け、都市にいる時には「なぞなぞ」を解いていると良い。流動的な考え方や一人の時間をつくる 

③美しい所作を心掛けるのは、心と身体は一如だから

④呼吸を制し、心を制す→身体を制す。ストレスが溜まると胸筋や腹筋が過度に緊張して呼吸が浅くなる。だから息をはくこと。

b0165362_08352462.jpg

 呼吸は自律神経の働きに密接に関係しており、呼吸が浅いと血液中の酸素が不足して交感神経系が優位になります。

 交感神経優位の状態でも、息をはくと呼吸が深くなり酸素を多く取り込めますので副交感神経系が優位に働きます。
 緊張がほぐれ血流も増え、身体の隅々にまで酸素を供給しますから、細胞を元気にし血圧も安定します。

深呼吸は自分で出来る自律神経系のバランスを整える手軽な手段です。(関節を動かしても。高いリラックス効果があります)次回に続く。

明日11日(水)は臨時休業
いたします。




# by kappanochiro | 2019-09-10 08:42 | 健康観 | Comments(0)  

関係重視こそ日本的感受性

「実るほど頭が下がる稲穂かな」は、実ったと自覚した人の戒めの言葉です。一段も、二段も腰を低くしながらも毅然とした行動力が評価を高めるという精神面での二重構造が必要とされます。ですから欧米式の「私ならできる」とは言わなけても、格がものいう怖さがあります。


「微力ながら、皆様の力をお借りして」とは常套句であるが、欧米人に言わせれば、微力ならなるなとか、自信がないのかとなるでしょう。
b0165362_08383494.jpg

 しかし日本人には伝統的な美意識があり、論理的でないものであっても二極論で白黒つけることはしないものです。そうではなく、美的で全体の調和の中に組み込むことが上手なのは国民性でしょう。
 
 新しいものが入ってきても、それが支配することもなく、決定的な喧嘩までには至りません。大岡政談の三方一両損に拍手喝さいをする理由もこの辺にありそうです。
 
 何故、奉行(裁判官)が被告と原告の間に入って一両を負担するのか。結論を曖昧にしたとの評論も出そうですが、これをもって一件落着なのです。そしてお裁きが出た後の被告と原告との関係をおもんぱかっているのです。


# by kappanochiro | 2019-09-09 08:40 | 仲間たち | Comments(0)  

飲み始めた年代に戻ったような酔い方に

何年ぐらい前からになるでしょうか、酒量をぐっと落としました。以前からアルコール依存の習慣はなかったですが、それでも時々はやばい飲み方をしていた時期がありました。「こういう飲み方をしていると良くない」とを思っているうちに、スパッと酒をやめました。
 やめると禁断症状が出ると予想していましたが、あにはからんやまったくなかったのは、十分飲んだからかもしれません。それと根っからの酒好きではなく、酒席の雰囲気が大好きなのでしょう。それも一次会に限りで、二次会はノーサンキューですけど。
b0165362_08211009.jpg




「最近また復帰して「百薬の長」の飲み方をしていますけど、それで気付いたことがあるのは、酔い方(酒の回り方)が飲み始めた頃とそっくりになっているということ。

 体内から完全にアルコールの余毒が抜けた感じがします。飲んでいた頃の奈良漬け状態の身体から、漬ける前の瓜に戻ったようで細胞の代謝が良くなったみたいです。
 一日三食、ほとんど家内の手料理のを食べていますし、適度な筋肉量の増加もあります。肝臓の解毒作用も良好です。





# by kappanochiro | 2019-09-08 08:30 | 健康観 | Comments(0)  

信頼関係の中心は人となり

技術面での売り込みには熱心でも、営業マンの人格に問題ありと思われたら成約までいかないでしょう。①礼儀正しく、嘘をつかない ②約束を守る ③遅れる場合には連絡を入れる ④メールよりも手紙や葉書で心を伝える、等々が求められます。
 b0165362_08203779.jpg

 いまや連絡法はメールが主体になっています。簡便で速いのも魅力です。ある件で、携帯メールで連絡を付けたので、返信をしようとした時がありました。

 「ありがとうございます」と打ち込むのに、「あ」を入力したとたんに、「ありがとうございます」が出てきました。決定ボタンを押せば、ありがとうございます、の送信完了ですが、手紙を書いている時の気分には、なれません。メールは書くとは言わないで、打つというのも解りますね。

 パソコンで文章を打ち込むなら、漢字が分からなくても手紙は書けます。定理についてはパソコン検索が便利ですが、諸情報については多様な意見がありますから、検索情報をコピー&ペイストするのではなく、複数の情報を書いて残しておけば上書き保存できます。




# by kappanochiro | 2019-09-07 08:22 | 仲間たち | Comments(0)  

心身の活力低下がフレイル(脳は出力依存的)

加齢に伴って複数の病気を抱え、次第に認知機能や歩行などの全身の生活機能が低下してきます。こういう生活状態になると心身の活力が失われる「フレイル=虚弱」に近づき、放置は要介護になり自立した生活が送れなくなる危険性を高めます。
 b0165362_08313253.jpg

 フレイルは要介護の一歩手前の状態でして
約250万人とされていますけど、フレイルを適切にすれば健康な状態に回復できます。筋肉のメモリーは上書き保存で筋肉の記憶量を高めることです。

身体的なフレイルに限れば、①意図しない体重の減少(半年間で2~3㎏/身体が小さくなり骨が浮き出る) ②疲労感 ③筋力の低下 ④歩行速度の低下 ⑤身体活動が低い、この5項目中3項目以上該当するとフレイルが疑われるそうです。


フレイルは身体的な問題に加え、認知機能障害やうつ等の精神的、心理的な問題、経済的な困窮や一人暮らしなどの社会面での虚弱問題など多面的な要素を含めて考えませんと。
 脳は出力に依存しますので、出力が低下すると脳に栄養を供給できなくなります。


# by kappanochiro | 2019-09-06 08:34 | 健康観 | Comments(0)  

基礎代謝量が減少すると身体は縮み薄くなる、これが老化

b0165362_08164937.jpg

 基礎代謝量が減少すると身体は縮みますが、大きい筋群を積極的に使うことで活動量は上がり代謝も上がります。
 下半身には約70%も筋肉が集中しており、その中でもお尻から太ももの逆錘形を成す強大な筋肉を活動させることで、全身の運動器に負荷を増強できます。
 
 それによる効果は、①足腰が安定して元気なころの生活力を維持できる ②骨が鍛えられ骨粗鬆症の進行を遅らせる ③大脳皮質レベルの立位の巧緻化と歩行リズムの維持 ④心肺機能等の内臓諸機能の維持 ⑤足腰の安定化による伸筋の活用度が増加。

 骨粗鬆症は破骨作用の進行による骨密度の低下ですから、動きの減少による筋肉内の毛細血管密度の減少(ゴースト血管の増加)で破筋?作用も同時進行するのでしょう。殿部の筋が落ち、しわをつくり、太ももが細くなるので足腰を正しい姿勢に保てなくなります。
 骨がスカスカになれば筋肉もスカスカになるのでしょう。筋線維が細く、減少するだけでなく、筋肉の中でところどころ虫食いようになるようです。下半身は上半身の
10倍鍛えろ、を実践しましょう。


# by kappanochiro | 2019-09-04 08:18 | 健康観 | Comments(0)